検査の基準値・正常値のまとめ

【FSH(卵胞刺激ホルモン)検査の基準値・正常値のまとめ】

検査ぶっく♪では【記事タイトル】血液検査の基準値・正常値の範囲および検査内容について入門者向きに解説しております。

◆FSH(卵胞刺激ホルモン)検査の基準値・正常値のまとめ♪(もくじ)

◆FSH(卵胞刺激ホルモン)とは?

 FSHとは、脳下垂体から分泌される「性腺刺激ホルモン」の一つです。

 FSHは、「卵胞刺激ホルモン」とも呼ばれます。

 卵胞刺激ホルモンは女性の場合
●卵胞の発育
●エストロゲンの生成の促進
●月経周期のコントロール
 に大きく関与します。

 また卵胞刺激ホルモンは男性も分泌されており、男性の場合は
●睾丸の発育
●精子の生成の促進
 に卵胞刺激ホルモンが関与しております。

◆血液検査が行われるケースについて

 卵胞刺激ホルモン血液検査(FSH検査)が行われるケースについて見ていきましょう。

 卵胞刺激ホルモン血液検査は、主に
●下垂体の分泌機能の異常の可能性
●不妊症の可能性
●月経異常の可能性
●更年期障害の可能性
 などを確認する際に卵胞刺激ホルモン検査が実施されます。

◆更年期障害の可能性が検討されるケース

 更年期には多くの体調の変化が現れはじめます。

 特に女性は更年期や閉経後、FSH(卵胞刺激ホルモン)数値の上昇が顕著に確認されます。

 その為、更年期障害の可能性が検討されるケースでは一般的にFSH検査が行われ、更年期障害の指標として検査が実施されております。

◆FSH検査値の一般的な正常値の範囲・基準値の範囲

 FSH検査値の一般的な正常値の範囲、基準値の範囲について見ていきましょう。

 ここで掲載する数値の範囲は、一般的なFSH検査値の基準値の指標であり、仮に基準値内であっても、疾患の可能性や症状の可能性がないという訳ではありません。

 尚、FSH血液検査では、「血液中」の卵胞刺激ホルモン含有量を測定します。

【男性のFSHの基準値の範囲】

●2.0〜8.14mlU/ml

【女性のFSHの基準値の範囲】

 女性の場合は、月経・妊娠・閉経などの働きによって卵胞刺激ホルモンの分泌量が異なる為、数値が大きく変化します。

 その為、基準値に関しても時期や状況によって変化する点がポイントです。

●卵胞期 ⇒ 3.2〜14.4mlU/ml

●排卵期  ⇒ 3.4〜17.1mlU/ml

●黄体期 ⇒ 1.4〜8.4mlU/ml

●閉経後 ⇒ 147.6mlU/ml以下

 以上のように女性の場合は、血液中に存在する卵胞刺激ホルモンの数値が時期によって大きく変化しております。

 特に閉経後の数値の上昇は顕著に現れます。

◆FSH検査値検査値が基準値よりも高い場合

 血液検査の結果、FSH検査値が基準値の範囲よりも高くなっている場合。

 このようなケースでは、男性の場合は「精巣機能低下症」の可能性が検討されます。

 精巣機能低下症は、夫婦間の不妊の要因ともなるケースもあり、近年では不妊の要因は女性以上に男性に要因があるケースも多いことが確認されております。

 女性の場合は、まず何よりも「更年期・閉経」の有無を確認します。

 これは閉経後、卵胞刺激ホルモンの数値は非常に高くなる為です。

 閉経などの関与が全くないケースでは
●原発性性腺機能低下症
●他のホルモンの分泌低下
 などの可能性が検討されます。

 性ホルモンの代表である
●エストロゲン
●プロゲストテロン
●テストステロン
 などのホルモンの分泌が低下すると卵胞刺激ホルモンの数値は上昇します。

◆FSH検査値が基準値よりも低い場合について

 血液検査の結果、FSH検査値が基準値の範囲よりも低くなっている場合のケースについて見ていきましょう。

 このように検査値の数値が基準値よりも減少しているケースでは、
●性ホルモン分泌の過剰
●下垂体機能低下症
 などの可能性が検討されます。

 下垂体機能低下症では、ホルモンの分泌指令を出す「下垂体」そのものの機能が低下、もしくは腫瘍の発生など何らかの異常をきたしている際に発症することが多い疾患です。

 下垂体機能に異常をきたすと卵胞刺激ホルモンの分泌が低下したり
●性腺刺激ホルモン
 の分泌が過剰に行われるケースもあり、FSH数値が低下する可能性があるのです。