検査の基準値・正常値のまとめ

【DHEAとは?】

検査ぶっく♪ではDHEA(Dehydroepiandrosterone)デヒドロエピアンドロステロンについて入門者向きに解説しております。

◆DHEAの解説(もくじ)

◆DHEAとは?

 DHEA(Dehydroepiandrosterone)とはデヒドロエピアンドロステロンの略称のことで副腎で生成されるテストステロン同様男性ホルモンの一種です。

 DHEAはテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンの一種であるエストラジオールの前駆体で不妊治療やED治療に効果が期待されている成分でもあります。

DHEAとは?

 性ホルモンや副腎皮質ホルモンなどの働きはひとつに限定されている事は少なく、様々な作用や効果をもたらすものです。

 例えばテストステロンの場合は、成長の促進や筋肉などの発達、そして骨格の形成や育毛などの効果、更には性欲の促進などその効果や働きは様々ですね。

 このように幾つもの作用をもたらすホルモンの投与を行うホルモン補充療法では事前にホルモンの血中濃度を測定し、補充療法が適切かどうかの診断を下す必要があるのです。

◆がん細胞も活発化させる可能性をもつ

 成長に関わるホルモンは細胞を活性化させるなどの働きがありますが、この働きはがん細胞にも働きかけることが確認されております。

 その為、アメリカなどでは一般的に広く普及している治療法ではありますが、ホルモン補充療法はより慎重に行われる必要があるのですね。

 日本ではDHEAの分泌量を測定した上で危険性がないと判断される場合のみホルモン補充療法が必要かどうかはじめて検討されます。

〜ポイントのまとめ〜
★DHEAは男性ホルモンの一種
★適切な治療法かどうかの確認の為の検査でもある
★不妊治療やED治療に効果が期待されている成分