検査の基準値・正常値のまとめ

【HBs抗原とHBs抗体の違い】

検査ぶっく♪ではHBs抗原とHBs抗体の違いについて入門者向きに解説しております。

◆HBs抗原とHBs抗体の違いの解説(もくじ)

◆免疫グロブリンを主成分とする免疫抗体組織

 HBs抗原は、B型肝炎ウイルスの外側を覆うからのようなものです。

 ですから、抗原が多く確認される場合はウイルスが体量に存在していることがわかります。

 対して、HBs抗体は免疫グロブリンを中心とする免疫抗体組織のことです。

※HBs抗体=免疫グロブリンを主成分とする免疫抗体組織

◆中和抗体とも呼ばれるHBs抗体

 HBs抗体は、HBs抗原の活動を無力化させる働きをもつ抗体で「中和抗体」とも呼ばれます。

 その為、HBs抗体が陽性を示すケースでは感染は認められないことになります。

抗原と抗体シンプル思考

 このように、HBs抗原とHBs抗体は相反する働きを持つことから検査の結果においても必然的に相反する反応を示すことになります。

 イメージとしては抗体が陽性の定性であれば免疫ができており安心できる状態。

 抗原が陽性であれば、現在ウイルスが体内に存在しており注意すべき状態と捕らえておいても良いでしょう。

【抗原と抗体の簡易チェック表】
種類陽性陰性
HBs抗原肝炎ウイルス有肝炎ウイルスなし
HBs抗体免疫抗体有免疫抗体なし